« 湘南、明日15日の潮周りと、明日以降のサーフィン風波予報。 | トップページ | 5:32、南風の湘南、茅ヶ崎サーフィン波情報。 »

2009年7月14日 (火)

6月の海外旅行記⑥ ネパールの抱える問題

ネパール・カトマンドゥには、NGOの活動を手伝いながら、孤児院などでボランティアをしている日本人の友人が長期滞在しています。

彼の案内で、ネパール政府が運営する孤児院に連れて行ってもらいました。

ネパールでは、インドと同様、カースト制ような身分制度がいまだ残っていて、貧富の差が激しく、生まれてすぐに親に捨てられる子供や、学校に通うことができない子供がたくさんいます。

私達が訪れた孤児院は、政府が運営しているので、警察に保護されるなどの手続きを経て、入院できる子供はまだ恵まれている方だとのことでした。

入りたくても入れない子供もたくさんいるそうです。

子供達は、生まれてすぐの赤ちゃんから育てられ、食事を与えられて、学校にも通わせてもらっています。

1つの部屋には8~15人位いるようで、施設の職員やボランティアの人達が子供の世話をしています。

ボランティアの人たちの国籍や年齢は様々で、地元ネパールの高校生や、海外から移住してきた人もいます。

施設の中で編み物を教えている日本人の先生もいて、生徒達が作った編み物を日本で売って、利益を施設の運営費などに循環させているとのことでした。

ポリオワクチンの予防接種が受けられなくて足が不自由になった子供や、体や脳に障害がある子供も預けられいます。

年齢が15歳に達すると、孤児院を出て、独立しなければならないとのことでした。

0900601901
0900601902
0900601903
0900601904
0900601905

ネパールには、問題が山積みでした。

若い女性が言葉巧みにだまされて、インドに売られてしまったり、子供の労働、就学率の低さなど、貧困と、教育や制度、施設などの不足が引き起こす問題もたくさんあるようです。

各国が立ち上げたNGOやNPO、各国政府からの援助などもありますが、問題が解決するには時間がかかりそうです。

« 湘南、明日15日の潮周りと、明日以降のサーフィン風波予報。 | トップページ | 5:32、南風の湘南、茅ヶ崎サーフィン波情報。 »

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01!また、お邪魔させていただきます。
ネパールへは、単なる旅行ではなく、そのようなところも見て回られたのですネ!スゴイ!
ポカラにも障害を持つ子供たちのために、学校を作った日本人の方がいると聞いたことがあります。
記事にもご指摘されているように、若い女性がインドへ売られたりしている、というのは、私も聞いたことがあります。若い女性と言うより、まだ子供、と言ったほうがいいぐらいの子たちです。痛ましいこと、許されないことです angry 。しかし、私には何もできません。悔しいです、ネパール好きとしては shock sign03
さっそく、私のブログへのコメントありがとうございました confident 。お返事も書いておきました。よろしければ、お時間ある時に、お立ち寄りいただければ幸いです。
ご迷惑でなければ、これからも遊びに来てよろしいでしょうか?他の記事も、これから読ませていただきます scissors

慕辺未行さん、おはようございます。

同じネパール好きとして、ブログを読んでいただけるのは、とてもありがたいことです。

これからまだ続編をアップする予定ですが、ネパールでは、一部の大人による搾取などが横行していて、日本人が作った学校でも、お金や土地建物を盗られて、運営実体のない学校などもあるようです。

少女売春や人身売買などもおっしゃる通り行われていて、その女性達を救うための活動が行われているのも現実です。

救済活動を行っている施設にも寄らせていただきました。

テーマ性が重いのですが、多くの人に現実を知っていただければと思っていますpig

 ぶぅさん、こんにちはhappy01

 ネパールの記事、少しずつ覗かせてもらって  

 す。ネパールは、行った事の無い国。お茶した

 時に少しだけ聞いた話し、もっと聞きたい気持ち

 は、ありましたが、今、読んでみると大切な

 波乗り・リラックスの時間に聞かないで良かった

 と実感しています。

 私は、本当は、日本で孤児院の様な施設で働き

 たいと思っていたのです。結局、夢は叶いません

 でした。こちらでもボランティアという事を

 考えていましたが色々な問題があります~

 ネパールで行った施設の子供は、まだ恵まれて

 いる方なんでしょうね。学校どころか、食べて

 いくことすら出来ない子供達が沢山いるんだ

 ものね・・・でも、今の私には、何も出来ません

 遊びに来た時、納得できなかった、外国人が

 タイの若い女性を連れて歩く姿も貧しさから

 くる現実という事を知って、汚らわしいという

 気持ちは、薄れました・・・悲しい現実だけど

 ね。

 なんて重いコメントになってしまったけど

 茅ヶ崎も夏本番でイベント三昧ですねsign03

 花火が見れないのが残念ですweep


 

ケイティーさん、こんばんはhappy01

記事を読んでいただいてありがとうございます。

日本でも貧富の差はあり、ホームレスになってしまう人もいて、問題はたくさんあると思います。

ネパールなどの発展途上国、政治が安定しない国では、基本的人権すら守られない現実があり、一言で伝えられる話でもないのですよね。

孤児院に行き、小さい子供を抱っこしたり、一緒に遊んだりして、心が揺さぶられる気分でした。

またネパールに行く際には、子供達に会いに行きたいと思っています。

ネパールの子供達のために、何か手伝えることがあればと思います。

今年の花火は8月8日、茅ヶ崎も財政が苦しいらしく、花火募金の箱が街中に設置されています。

花火大会を止めてしまった地方自治体も、今年は多いそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215050/45633905

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の海外旅行記⑥ ネパールの抱える問題:

« 湘南、明日15日の潮周りと、明日以降のサーフィン風波予報。 | トップページ | 5:32、南風の湘南、茅ヶ崎サーフィン波情報。 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト